双子おすすめおむつ用ゴミ箱ウッビ―ペール(Ubbi)使用レビュー

双子おすすめおむつ用ゴミ箱ウッビ―ペール(Ubbi)使用レビュー 双子育児

こんにちは!
双子育児中のみみママ(@mimi_mama_twins)です。

双子ママパパは、双子のおむつ用ゴミ箱選びに悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

双子ママ
双子ママ

双子だとどれくらいの容量が必要?
そもそも1台で足りる?

今回は、私が実際に双子育児で使用しているおむつ用ゴミ箱のおすすめを紹介していきます♪

双子のおむつ用ゴミ箱選びのポイント

双子のおむつ用ゴミ箱選びで重要視したポイントは、この3つ。

  • 大容量
  • ニオイ漏れしにくい
  • ランニングコストが安い
  • 大容量

    双子はとにかくオムツの消費量が多い!
    赤ちゃんのおむつの交換回数は成長と共に減っていきますが、最もおむつの消費が多い新生児の赤ちゃんは1人10~15枚/日消費します。
    双子の新生児期では2人で計20~30枚/日消費します。

    CombiスマートポイAprica NIOI-POIはコンパクトですが、容量が小さく双子のおむつ用ゴミ箱としては不向きです。


  • ニオイ漏れしにくい

    双子のおむつは量が多く、その分ニオイも強烈です。
    蓋を開け閉めした際のニオイ漏れが少ないものを選びたい!


  • ランニングコストが安い
    おむつ用ゴミ箱によっては消臭・防臭効果のある専用カートリッジが必要なものがあります。
    しかし、市販のゴミ袋と比較するとランニングコストは高くなります。

    双子育児はただでさえおむつ代やミルク代など出費が多いので、コストを抑えたい方は専用カートリッジの有無も要確認ポイントです。

双子におすすめのおむつ用ゴミ箱|Ubbi(ウッビー)

私が実際に双子育児で活用しているのがUbbi(ウッビ―)

おすすめポイント
  • 大容量の25L=新生児用おむつ58枚分
  • スライド蓋でニオイ漏れが少ない
  • 専用カートリッジ不要
  • インテリアに馴染むお洒落なデザイン
  • チャイルドロック付き

それではさっそく、おすすめポイントを詳しく説明していきます♪

大容量の25L|おむつ58枚分

双子のおむつ用ゴミ箱選びで譲れないポイントが大容量なこと。

ウッビ―は25Lとおむつ専用ゴミ箱の中でも大容量タイプで、新生児用おむつなら58枚も入れることができます

おむつ消費量の多い双子新生児期でも1日分のおむつ(20~30個)を余裕で入れることができます。

みみママ
みみママ

新生児双子+2歳娘のおむつ1日分を

余裕で入れることができました♪

双子でなければ、ゴミの日まで保管するに十分な容量です。

ニオイ漏れがしにくい

  • スライド式の小さい蓋
  • ゴムパッキンが2か所
  • スチール製
スライド式蓋

双子おすすめおむつ用ゴミ箱ウッビ―ペール(Ubbi)使用レビュー
スライド式の蓋

Ubbiの蓋はスライド式になっており、開閉によるニオイ漏れを最小限に抑える設計になっています。

また、開閉部はおむつを入れるには十分なサイズですが、普通のゴミ箱に比べると小さめでこれもニオイ漏れを抑えるポイントです。

みみママ
みみママ

確かに大きな蓋をパタパタ開閉するとニオイが部屋に広がりそう。

ゴムパッキンが2か所

さらにUbbiには2か所にゴムパッキンがあるので蓋を閉めているときもニオイが漏れにくくできています。

スチール製

多くのおむつ用ゴミ箱はプラスチック製です。
プラスチック製の場合、本体にニオイが染みついて取りづらいというデメリットがあります。

Ubbiはパウダーコーティングされたスチール製なので本体にニオイ移りがしにくく、お手入れも簡単です。

専用カートリッジ不要

みみママ
みみママ

そもそも専用カートリッジって何?

おむつ用ごみ箱の種類によっては、市販のゴミ袋がセットできず、専用のゴミ袋(=カートリッジ)を購入する必要があります。

専用カートリッジは脱臭・消臭効果が高いなどのメリットもありますが、ランニングコストが高いといデメリットも。

双子育児はただでさえ出費が多いので、少しでも費用を安く抑えたい人は専用カートリッジ不要のタイプがおすすめです。

例えば、Combiのポイテックの105~120枚のおむつを処理できる専用カートリッジは約1,000円。
双子新生児期であれば4~6日ほどで消費するペースで、1か月のカートリッジ台は5,000~7,000円になります。

Ubbiは市販のゴミ袋をセット可|おすすめは45Lサイズ

Ubbiは市販のゴミ袋をセットすることができるので、経済的です。

ゴミ袋のサイズは30L以上がセット可能ですが、ある程度のゆとりがある方がゴミ袋の口を縛るのに便利なので45Lサイズがおすすめです。

双子おすすめおむつ用ゴミ箱ウッビ―ペール(Ubbi)使用レビュー
市販のゴミ袋をセット

さらに、透明ではなく黒いゴミ袋だとゴミ出しするときにおむつが見えないのでおすすめ。

  • ゆとりのある45Lサイズ
  • 中身が見えない黒いゴミ袋

タフなゴミ袋は1日1枚交換しても、1か月あたり500円以下で済みます♪

タフなゴミ袋の最安値をチェック

ゴミ袋の付け方もとっても簡単♪
双子おすすめおむつ用ゴミ箱ウッビ―ペール(Ubbi)レビュー
蓋をあけるとこんな感じ。
双子おすすめおむつ用ゴミ箱ウッビ―ペール(Ubbi)レビュー
中のリングも持ち上げて
双子おすすめおむつ用ゴミ箱ウッビ―ペール(Ubbi)レビュー
リングにひっかけるように袋を装着して、蓋を閉じれば完成!

インテリアに馴染むお洒落なデザイン

双子育児はおむつ替えの回数も多く、すぐにおむつを捨てれるようリビングなどの生活スペースにゴミ箱を置いておきたいと考える人も多いかもしれません。

Ubbiはなんといってもデザインがお洒落なので、どこに置いてもお部屋の雰囲気を崩しません。

全12種類のデザインから好みのものを選ぶことができます。

Ubbiのデザインを詳しく見てみる

チャイルドロック付き

双子が成長しハイハイをしたり歩いたりするようになるともう目が離せません。

気づいたときにはゴミ箱を開けてしまっている!なんてことが起こるかも。

Ubbiはチャイルドロックが付いているので、小さな子どもが簡単に開閉できないようになっています。

少しでもニオイ漏れを抑える方法

防臭袋を使う

Ubbiはニオイ漏れが少ない構造になっていますが、それでも心配だという人は使用済みのおむつをBOS おむつが臭わない袋に入れてから捨てる方法がおすすめ。

みみママ
みみママ

外出時にも必須アイテム!

溜め込まない

Ubbiは大容量収容できることが魅力ですが、ニオイが気になる人は溜め込まないのがポイント。

特に気温の高い季節には、ニオイが発生しやすいです。

まとめ|毎日使うものは妥協しない

双子育児は毎日やることが多く、本当に大変です。

毎日使うものは妥協せず、使い心地の良いものを選ぶことで、日々のストレスを増やさずに済みます。

おむつ用ゴミ箱としては比較的値段は高いですが、使い勝手やランニングコストを考慮して選んでみてくださいね。

毎日使うものは妥協せずに選びましょう♪

Ubbiの価格をチェック

↓クリックで応援していただけるとサイト運営の励みになります♪

にほんブログ村 子育てブログ 男の子の双子へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました